会社概要

会社概要

会社名

株式会社開田鋳造所(カブシキガイシャカイダチュウゾウショ)

経営理念

全社員にやる気とやりがいを与え、お客様に信頼と高品質な製品を提供し、地域社会に貢献をします。

創業・設立

大正15年2月・昭和14年2月25日

資本金

300万円

役 員

代表取締役社長

開田 健太(KAIDA KENTA)

常務取締役 工場長

開田 尚宏

非常勤 役員

開田 和子

取引銀行

横浜銀行、横浜信用金庫、商工組合中央金庫 ほか

会社沿革

  • 昭和48年(1973)年:フルモールド法導入により産業振興において、神奈川県より受賞。
  • 昭和50年(1975)年:横浜市神奈川区松見町より綾瀬市早川(現住所)に移転。※移転を機に、キューポラから電気炉(低周波)操業へ。
  • 昭和57年(1982)年:振興発展において、社団法人日本鋳物工業会より受賞。優良組合として、神奈川県より受賞。
  • 昭和59年(1984)年:生産動態統計調査において、通商産業省より受賞。
  • 平成2年(1990)年:創立65周年
  • 平成3年(1991)年:開田茲弘が、代表社員(代表取締役)に就任。
  • 平成17年(2005)年:CAD/CAMシステムを導入。FM模型3次元NC加工機を導入。
  • 平成25年(2013)年:合資会社 開田鋳造所 から、株式会社 開田鋳造所に組織変更。
  • 平成28年(2016)年:開田健太が、代表取締役に就任。

組織図

組織図

本社工場

住所

神奈川県綾瀬市早川2647番地23(早川工業団地内)
敷地面積:2788.74㎡ 建物面積:1309.91㎡

地図

ストリートビュー

電話

0467-77-6314

FAX

0467-77-6236

営業時間

8時30分~16時45分

定休日

土曜日、日曜日

従業員数

28名

設備

重機類

  • 4トン用低周波るつぼ形誘導炉(富士電気):1基
  • スーパーコアーハックアウト式ショットテーブラストSTA10K型(新東工業):1基
  • フラン樹脂砂再製混練設備(新東工業):1基
  • エアーコンプレッサー(日立):3基
  • オーバーヘッド形Wレールホイストクレーン(東芝)10t:1基、5t:1基、3t:2基
  • リフティングマグネット(住友重機):1台
  • フォークリフト2t用:1台
  • フォークリフト1.5t用:1台

CAD/CAMシステム

  • CAD/CAM CADCEUS FMCAM V6:2台
  • CAD/CAM CADmeister FMCAM V12.0:3台(日本ユニシスエクセリューションズ)
  • 発泡加工用マシニングMC813-1B:2台(キクカワエンタープライズ)

主要取引先

  • 東プレ(株)
  • ユニプレス(株)
  • (株)進恵技研
  • 高田工業(株)
  • ナガタコーギョウ(株)
  • トヨタ自動車東日本(株)
  • 大和特殊工機(株)
  • (株)ファベスト
  • スズキ工業(株)
  • (株)邦和
  • (有)三杉製作所
  • アイダエンジニアリング(株)

順不同

開田鋳造所のご紹介

経営理念

株式会社開田鋳造所経営理念は、全社員にやる気とやりがいを与え、お客様に信頼と高品質な製品を提供し、地域社会に貢献をします。

開田鋳造所の概要について

会社概要

会社概要
大正15年2月創業の開田鋳造所の会社概要をご紹介いたします。
詳細を確認する

事業内容

事業内容
営業取扱品目、生産能力、組織部門構成をご紹介いたします。
詳細を確認する

職場風景

職場風景
毎日活気にあふれ一致団結する職場の雰囲気をご覧ください。
詳細を確認する

求人募集

会社概要
日本の産業を支える開田鋳造所で一緒にお仕事してみませんか?
詳細を確認する

お問い合わせ

事業内容
多種多様な鋳造技術がある開田鋳造所へのお問い合わせはこちら。
詳細を確認する

あやせ工場について

あやせ工場について
開田鋳造所は、ものづくりのまち「綾瀬市」にある鋳造所です。
詳細を確認する

お知らせ

全てのお知らせを確認する